にわか趣味でも楽しめる

いろんなことに手を出すが、にわかで中途半端になりがちな趣味の話を書いていく…と思う。

タイムラプス撮影の機材

たまに星空のタイムラプス撮影をするんですが、そのとき使う主な機材についてです。

旅行先で星がよく見えてたら宿泊してる部屋のバルコニーにセッティングしてタイムラプス撮影の練習をしてます。

今年は旅行のついでとかじゃなくて、星がよく見えるスポットに行ってキレイな天の川を撮ってみたいな〜と思ってます。

 

タイムラプス撮影の機材

f:id:taku_yaki:20170808161236j:plain

三脚

ManfrottoBefreeです。

コンパクトさと価格を考えてこれにしました。

フルサイズの一眼レフを使うとか風の強い場所で使うとかだと、もう少し太い三脚のが安定するかもしれません。

APS-Cのカメラで何回か星空のタイムラプス撮影をしてますが特に問題なく使えてます。

 

インターバル撮影

シャッターのインターバル制御とパンにはSyrpGenie miniを使ってます。写真右下の丸いやつです。

これなんて言ったらいいんだろう…?

どういう言葉が正しいか分かりませんが、例えばインターバル20秒、角度40度、撮影時間3時間と設定すると、20秒間隔でシャッター切りながら3時間で40度パーンするという物です。

カメラと専用のケーブルでつないで使います。

本体にはコントロールインターフェイスを持っていません。Bluetooth接続したスマホで設定とか操作をします。

 

雲台

Syrpボールヘッドです。

これはGenie miniを買ったとき、ついでになんとなく衝動買いしただけです。

アルカスイス互換なので使いやいです。

タイムラプスはもちろん普段使いにも良いと思います。

 

セッティングして撮影

基本的には下から三脚、Genie mini、雲台、カメラの順で設置して使います。

カメラ本体とGenie miniの設定をして撮影開始するんですが、星空のタイムラプス撮影だと3時間から4時間ぐらいの長丁場になるので、椅子とかランタンとかのちょっとしたアウトドア装備もあるといいです。

 

 

ざっくり大まかなに書きましたが、細かい機材は他にもいろいろありまして、詳しくは実際に撮影に行ったときに記事に書こうかなと思います。

 

星空のタイムラプス撮るなら解放F値の明るい広角の単焦点レンズが欲しいですがお金が…ない…

魚眼も欲しいけど…

どっちを優先すべきか。

広角のが使える機会は多そうだけどSIGMAAPS-C専用魚眼もかなり気になるところです。

悩む。

その前に資金調達か。

考えるのは資金ができてからですね。

いつになることやら…