にわか趣味でも楽しめる

いろんなことに手を出すが、にわかで中途半端になりがちな趣味の話を書いていく…と思う。

バンガードの高コスパなトラベル三脚

僕はいつもマンフロットのBefreeという三脚を使ってたんですが、バンガードの三脚が高コスパでかなり良さそうだったので買ってみました。

トラベル三脚を選ぶのにマンフロットとバンガードどちらがいいかってなると好みもあると思いますが、やっぱりバンガードがオススメ。

そのへんを理由とか含めておニューの三脚の紹介です。

 

バンガードのVEO 2 

今回買ったのはバンガードのVEO 2シリーズです。

f:id:taku_yaki:20180824175952j:plain

その中で最も安定感のある4段でカーボンのやつにしました。

耐荷重的にはフルサイズ機でも大丈夫そうです。

 

雲台がアルカスイス互換

僕がバンガードのVEO 2がいいなと思ったのは雲台がアルカスイス互換ということ。

今まで使ってたマンフロットのBefreeはアルカスイス互換じゃなかったので結局Syrpの雲台を付けて使ってたんですよね。

ただSyrpの雲台を付けちゃうと三脚を畳めなくなっちゃうので(Befreeは足が逆になるタイプ)、いちいち取り外すのが面倒でした。

だから純正でアルカスイス互換というのは非常にありがたい。

 

足のロック機構

もう1つの大きな違いが足のロック機構。

VEO 2はツイストロック式でBefreeはレバー式。

バー式が嫌というわけではないけど、ツイストロックのがコンパクトでかさばらなくていいかなと思いまして。

あとレバー式だとたまにネジ締めないと緩くなってきちゃうので、そういうのがちょっと面倒くさいなって思ってました。

まぁ好みですね。

 

気になるお値段

そして価格。

バンガードのが安いです!

僕にとってはバンガードのVEO 2がメリットだらけ。

 

まとめ

アルカスイス互換、ツイストロック式、価格という3つの要素から僕にはバンガードのが向いてそうです。

他にも細かいスペックは違ってきますけど、僕にとってはどうでもいいというか気にしてない。笑

トラベル三脚はマンフロットのBefreeって雰囲気があったけどこれからはバンガードのVEO 2。

 

いつかジッツォのトラベラーとか買える日がくるといいな〜