にわか趣味でも楽しめる

いろんなことに手を出すが、にわかで中途半端になりがちな趣味の話を書いていく…と思う。

カメラ業界がお祭り状態(個人的な感想)

昨日のフォトキナ2018は見ましたか?

いや〜大変なことになりましたよね!

僕はフォトキナのライブ配信を見てたわけではなくて、寝る前にTwitterのタイムラインを漁ってただけなんですが、眠気も覚めるようなニュースが流れてきました。

主役は間違いなくパナソニック、ライカ、シグマ。

パナソニックは以前から噂がありましたが、それ以上に衝撃でした。

そんなゆるめの感想ですがどうぞ。

 

パナソニックがフルサイズのミラーレスを発表するであろうことは噂されてたので想定内。

でもそのパナソニックがライカ、シグマと組むというのは想定外。

噂とかあったのかな…僕が知らなかっただけなのかな…

 

なんとこの3社が協業してカメラを作ると言うんだからすごいですよね。

フルサイズミラーレスの市場はキャノン、ニコンソニーで盛り上がってきたと思ったけど、ここで新たな新勢力が誕生したわけです。

もうワクワクしちゃいますよね。

 

イカのLマウントを採用したパナソニックのフルサイズミラーレスのレンズをシグマが作る。

これが来年出てくるとなれば勢力図がまた変わりそうな予感。

ちなみにライカのLマウントはニコンのZマウントやキャノンのRFマウントに匹敵するポテンシャルを秘めているらしい。

なんてこったい。

 

ニコンのZ7とZ6みたいな感じでパナソニックLUMIX S1RとLUMIX S1をラインナップ。

レンズは50mm F1.4の単焦点、24-105mm、70-200mmの3本が発表と、これまた楽しみですね。

 

そしてキャノン、ニコンソニーの三つ巴にパナソニックが参戦して四つ巴かと思ったらシグマもフルサイズミラーレスの開発を発表。

これまたびっくり。

しかも来年出てくる。

 

もちろんシグマもライカと協業関係なのでLマウントなんですが、気になるのはセンサーです。

シグマがフルサイズミラーレスを作るということはFoveonセンサーなんですよ。

そのFoveonセンサーってのが多くのカメラメーカーのセンサーとは根本的に構造が違ってて、これがフルサイズで実現するとなると革命を起こすかもしれない。

従来ではあり得なかった描写や画質が実現するかも…

 

というわけで三つ巴どころか5メーカーがしのぎを削ることになりそうなフルサイズミラーレス市場。

個人的にはシグマがかなりヤバいんじゃないかと思ってる。

もちろん良い意味でのヤバい。

EOS Rを予約してあるけど、ちょっと考えちゃうレベル。

でも今のところパナソニックのS1R、S1についてもシグマのフルサイズミラーレスについても詳しい情報は無いからなんとも言えないってのが現状。

待ってみたいけど、それまで我慢できる自信も無い…笑