にわか趣味でも楽しめる

いろんなことに手を出すが、にわかで中途半端になりがちな趣味の話を書いていく…と思う。

EOS R触ってきた!

いよいよ発売が来週に迫ったEOS R。

10/12から一部の家電量販店やカメラ店で先行展示が始まったということで触りに行ってきました。

実際に触ってきた感想とレンズ関連で気になったことの話です。

ではどうぞ。

 

とりあえず新しいパンフレットを見つけたので頂戴致しました。

f:id:taku_yaki:20181017170233j:plain

内容的に目新しいことは何も無かったけど、気分を盛り上げるために。笑

 

他に客はあんまりいなかったし、店員さんも気の済むまで遠慮なくいじってくださいと言うので設定とか撮ってみたりとかしてたら小一時間ぐらい経ってました。

もし待ってた人いたらごめんなさい。

ついね、時間を忘れてしまった。

 

それで感想としては元々Canonユーザーである僕には設定とかそんなに違和感なく使うことができました。

僕好みにだいたいのカスタマイズをやってみましたが、印象としてはかなり良いです。

 

ボディを持ってみた感触は80Dとかに近いのかなという印象で、小さ過ぎずちょうど良さそうな気がします。

僕はフルサイズの一眼レフは大きいし重いしってのが気になってたのでEOS Rが出たことで解決。

ミラーレスだからレフ機と比べるとボディがかなり薄くなってますが、先述したように80Dとかの中級機のグリップ感と似てて、構えにくいってことはなかったです。

むしろ70Dを使ってた僕には慣れ親しんだ感触でした。

 

唯一気になったのはマルチファンクションバー

EOS Rの目玉の1つですよね。

ISO感度を割り当てて使ってみたんですけど、まだ慣れてないせいもあってか使いやすくはなかった。

でもこれは長期的に使ってみないと評価できないかなと思います。

 

レンズはRF24-105mm F4 L IS USMが展示されてたEOS Rに付いてました。

これについてもいろいろ撮ってみないと何とも言えませんが、Lレンズですからね、良いと思いますよ。笑

今まで使ってたシグマのレンズが最短撮影距離がけっこう短くて寄れたので、その感覚でピント合わせようとしちゃって一瞬あれ?とはなったけど、来週実際に手元に届くのが楽しみなレンズでした。

ちなみにコントロールリングは露出補正を割り当てて使ってみましたが、これについては使いやすいと思いました。

 

実際に店頭で触ってみた感想はこんなところなんですが、レンズ絡みで気になった噂が…

24-70mm F2.8L ISが来年発売されると言われていますね。

僕も非常に楽しみにしていますが、どうやらRFとEFの両マウントで出すのではないかという噂が出ています。

まだ詳しい情報はないので分かりませんが、RFとEFでまさか同じ性能じゃないですよね?という懸念がユーザーの間で出ているようです。

ミラーレスとなってショートバックフォーカスにより光学設計の自由度が増したはずななのにEFレンズと同じ性能だったら、EOS RとはRマウントとは何だったのかということになってしまいますよね。

個人的にはRFとEFであんまり変わらないってことはさすがに無いのではと思いますけどね。

まだ詳しい情報は出てないわけですし。

Canonとしてはレフ機のことも忘れてないよ!ということみたいです。

続報を待つしかないですね。

 

さて、EOS Rはついに来週です。

僕にとっては待ちに待ったときです。

EOS Rで紅葉撮りに行きたいな〜